【庭球部女子】 リーグ戦4連勝を飾り、優勝に王手

20160910%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・相手に1ゲームも与えることなく完全勝利した窪村>
 9月9日、江坂テニスセンターにて平成28年度関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦(対関外大)が行われ、関学は5ー0で勝利し、第4戦目も白星で飾った。
 ダブルスでは伊藤遥(教4)・酒井渚月子(社4)ペア、栗本麻菜(社2)・前田友花(人2)ペア共に安定感のある試合運びで快勝。シングルスでは山本澪(国4)、リーグ戦初出場の竹浪史華(商3)が勝利に貢献した。窪村有真(国3)は相手に1ポイントも与えることなく完全勝利した。これで関学は優勝に王手をかけ、リーグ最終戦は園田女子大と対決する。
主な戦績
D(ダブルス)1
伊藤・酒井2{6ー2、6ー3} 0松田・山田(関外大)
D2
栗本・前田2{6ー2、6ー1}0岡本・萩尾(関外大)
S(シングルス)1
山本2{6ー4、6ー2}0(関外大)
S2
窪村2{6ー0、6ー0}0服部(関外大)
S3
竹浪2{6ー3、6ー1}0吉井(関外大)
試合後のコメント
主将伊藤遥「今まで順調に勝てているので良かった。選手と応援が一丸となって、何も気にせず勝ちにいく(次戦について)去年は去年、今年は勝てる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です