【庭球部女子】  リーグ戦白星発進!

160904%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・全試合を終え、関係者に挨拶をする伊藤(中央)>
 9月4日、江坂テニスセンターにて平成28年度関西大学対抗テニスリーグ戦第1戦(対立命大)が行われ、関学は5ー0で勝利を収めた。
 インカレでベスト8入りを果たした伊藤遥(教4)・栗本麻菜(社2)ペア、先週行われた夏関で準優勝した山本澪(国4)・藤原優美香(国2)ペアが白星を挙げ、ダブルスで2ー0とリードした。続くシングルスでは酒井渚月子(社4)がひと足早く勝利を挙げると、リーグ戦初出場となる前田友花(人2)が接戦を制し、4ー0に。S(シングルス)1で出場した山本が最後に圧勝で締め、5ー0と完勝。圧倒的な強さで、リーグ初戦を白星で飾った。
試合後のコメント
伊藤遥主将「しっかり勝ちきれてよかった。いい雰囲気で1人1人が頑張っていたと思う。関大、園田女子大がリーグ戦の山場になるが、集中を切らさず、全員で勝つ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です