【庭球部女子】 関学勢シングルス・ダブルスともに準決勝へ進出!

image1.JPG
<写真・女子ダブルスで4強入りを果たした栗本・前田ペア>
 8月30日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成28年度関西学生テニス選手権大会(本戦)女子シングルス、女子ダブルス準々決勝が行われた。関学からはシングルスで2名、ダブルスで3ペアが出場し、シングルスでは山本澪(国4)が、ダブルスでは3ペアが準決勝へ駒を進めた。
女子シングルス
山本 2ー0(6ー1、7ー5)
女子ダブルス
伊藤(教4)・酒井(社4)2ー0(6ー2、6ー3)
前田(人2)・栗本(社2)2ー0(6ー3、1ー6、10ー4)
山本・藤原(国2)2ー0(6ー1、6ー4)
以上が準決勝進出を決めた。
 あす8月31日は、女子シングルス、女子ダブルス準決勝が同会場にて行われる。
試合後のコメント
シングルスで春関に並ぶ4強入りを果たした山本澪「セカンドセットは焦ってポイントを取りにいってしまったが、切り替えて自分のテニスをやりきれた。失うものは何もないのであすからもチャレンジャー精神で挑む。前だけを見て最後まで自分を信じて戦いたい」
ダブルスで4強入りを果たした栗本麻菜「一戦一戦よくなっているのを実感している。ピンチも笑顔で乗り切れた。あすは同士討ちだが、自分たちのペースで楽しんでプレーしたい」
栗本とペアを組む前田友花「思い切って強気でプレーできた。あすは相手のペースに合わせず、勢いにのまれないように戦う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です