【レスリング部】 関東勢倒せず3日目で大会を終える

20160827%E3%80%90%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E3%80%91.jpg
<写真・公式戦初勝利を挙げた西依>
 8月26日、大阪府堺市金岡公園体育館にて、平成28年度全日本学生レスリング選手権大会の3日目が行われた。きょうはフリースタイルが行われ、関学からは弓削(法1)、西依(法2)、川福(経2)、松田(経2)、花岡(法2)茶圓(人3)、堂本(商3)、末永(経4)、谷(人4)、北條(法4)の10人が出場。きょうで全員敗退となったが、大学からレスリングを始めた西依が全国の舞台で1勝を挙げ、公式戦初勝利を飾った。  きょうの結果によりあすのフリースタイル2日目には関学勢は進むことができなかった。
試合後のコメント
公式戦初勝利を挙げた西依謙作「(1回戦について)前半を3-0で折り返した時に体力的にしんどくなっていて、そこから相手に攻められた。残り1分になったときに、やるしかないと思った。(公式戦初勝利は)うれしかったが、それよりもほっとしている。今はまだ、リーグ戦に出場できる実力はないが、リーグ戦に出れるように練習していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です