【ラクロス部女子】  大量得点で再起V

160820%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・5得点を決め勝利に貢献した細川>
  8月20日、兵庫県・王子スタジアムにて、第27回関西学生ラクロスリーグ第2戦(対神大)が行われ、関学は14ー3で神大に勝利した。前半2分、MF青木(社2)が先制点を決め関学ペースに持ち込むと、失点を許さない得点ラッシュで前半は9ー1で終了。後半もMF細川(国3)などの活躍により14ー3で勝利した。次戦は8月27日に、武庫女大と伊丹スポーツセンターにて対戦する。
試合後のコメント
主将成地夏実(法4)「勝ったけど、内容が変えきれていないところもあった。相手は2部上がりだったけど、泥くさくしがみついて最後まで余裕を持って力を出し尽くした。勝つことに必死だったと思う。次戦でも関学がやってきたことをフィールド、ベンチ、スタンド全員が出し切ることを目標に頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です