【カヌー部】 関カレ納得の結果で終幕!

160814%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2年連続関西制覇した女子リーダーの佐田とマネジャー北山(社4)(左)>
 8月14日、滋賀県琵琶湖漕艇場にて第52回関西学生カヌー選手権大会最終日が行われた。今大会は天候の影響により全日程をこなせなかったが女子がリレーやフォア(4人乗り)などで優勝し、昨年に続き関西制覇に大きく貢献した。一方、男子は2年連続準優勝で今大会の幕を閉じた。次はインカレで男女とも完全燃焼で全国制覇を狙う。
結果は以下の通り
2位 {Kー1}500㍍リレー
山添(人3)・佐々木(法4)・高野(経4)・栗原(法3)
優勝 {WKー1}500㍍リレー
東出(教4)・友永(人2)・栗林(人2)・西村み(法3)
優勝{WKー4}500㍍
東出(教4)・岡(社4)・栗林(人2)・西村み(法3)
試合後のコメント
主将佐々木和磨「男子のカヤック部門2位は、悔しい結果ではあるけれど、本当にみんなよくやってくれたと思う。ただ、規定反則などのミスも出てしまったので、まだまだ自信を持ちすぎてはいけない。インカレまでもう一度気を引き締めて、チャレンジャーとしてやっていきたい」
女子リーダー佐田波津季(経4)「表彰式前までは総合優勝した実感がなかったが、改めて後輩たちが表彰されているのを見るとうれしかった。リレーもフォアも優勝したが、後輩のジュニアががんばってくれたからこの結果になったと思う。支えてくれる人や大会を運営してくれる人がいること再認識させられた大会だった。インカレでは今よりも個人の力を強化して臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です