【水上競技部水球パート】 決勝ラウンド初戦を落とす

image.jpeg
<写真・チーム最多の3得点を決めた大村>
 7月3日、京都大学プールにて、平成28年度関西学生リーグ兼インカレ予選決勝ラウンド第1戦が行われた。関学はびわスポ大と対戦し、6-12で敗北した。試合開始から4分間、点が入らないなどお互い堅い守備を披露。そんな中でも、4分40秒に大村(理1)がゴールを決めて先制に成功する。その後同点に追いつかれたが、互角の戦いを演じた。だが、第2P、第3Pは気持ちの入ったプレーをするも徐々に引き離され4-7で第3Pを終える。逆転を目指した第4Pはまさかの5失点。6-12で敗北した。
 次戦は7月9日、13時30分より京都大学プールにて龍大戦が行われる。
試合後のコメント
主将橋田海馬(経4)「実力負け。12点は取られすぎ。気持ちは入っていたし空回りもなかった。まだ終わったわけじゃない。残り3つ勝ちにいく。希望がある限り諦めることはできない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です