【ヨット部】 スナイプ、470で明暗別れる

160703%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88%E9%83%A8.JPG
<写真・スナイプ級で1位通過しガッツポーズする誉田>
7月3日、和歌山県和歌山セーリングセンターにて関西学生ヨット個人選手権大会が行われ、470級が2組、スナイプ級が5組7位以内に入り、9月に行われる全日本学生ヨット個人選手権大会に駒を進めた。関学は470級で4艇、スナイプ級で5艇が本戦へ進むことを目標としていたが、470級が強風に対応しきれず苦戦。予選通過が2艇と非常に厳しい結果となった。
予選通過メンバー
470級
1位山本・甲斐組 6点
7位上野・大野組 37点
スナイプ級
1位西原・誉田組 10点
2位喜田・柴田組 21点
3位山本・松本組 30点
6位後藤・川村組 41点
7位奥村・大平組 41点
試合後のコメント
誉田将史(教4)主将「スナイプ級に関しては、みんなで勝ちにいった結果、目標にしていた5艇が予選通過できたので盛り上がれたし、雰囲気も良かった。470級に関しては主将である自分も含めての話し合いが必要。1つのミスこだわれていないし、負けが続いて雰囲気も暗い。7月のオフでしっかり切り替えて、8月から思い切ってやってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です