【水上競技部水球パート】 リーグ初日は2連敗

20160619%E3%80%90%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E6%B0%B4%E7%90%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%91.jpg
<写真・龍大戦で3得点を挙げた荒木(経2)>
 6月19日、京都大学プールにて平成28年度関西学生リーグ兼インカレ予選が行われ、関学は2試合を戦った。リーグ初戦は立命大と対戦。第1P(ピリオド)、まさかの5失点を喫すると、第2Pでも6失点する。その後も強豪に攻守ともに圧倒され、8ー24で敗北した。
 第2戦は龍大と対戦した。第1戦に続いて第1Pで5失点。第2Pは1失点に留めるも、パスミスがあったり、決定機を外したりと流れは向こうのまま。第4Pで5得点するも、反撃が遅すぎた。8ー15でリーグ初日は2連敗に終わった。
 なお、龍大とは来週の勝敗により、再来週再び対戦する可能性がある。次戦は来週土曜日14:40より京都大学プールにて、阪大と対戦する。
試合後のコメント
主将橋田海馬(経4)「今季一悔しいし、情けない。ミスからの失点が多かったし、反則も多かった。反則が多いことで、その後カウンターを受け、テンポが崩れた。4年生はラストイヤーだからこそ気持ちが切れやすく、負の連鎖を呼んでいる。だが、きょうで終わりじゃない。来週必ず勝って再来週、龍大にこの悔しさをぶつけてリベンジする」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です