【ヨット部】 関西女子イン悪天候の中、無事終える

image1.JPG
<写真・風を読み、船を進める小泉・川村組>
 6月19日、兵庫県新西宮ヨットハーバーにて関西学生ヨット女子選手権大会が行われた。大会2日目の今日は不安定な気候で、一時落雷注意報が出るなどして、1レースのみ行われた。470級では山下(社3)・本田(法2)が1位に輝いたが、スナイプ級では小泉(文2)・川村(理4)が2位、尾井(教1)・大村(経1)が3位に着くなど首位を勝ち取れず課題が残った。次戦は7月2、3日に和歌山ヨットハーバーにて関西学生ヨット個人選手権大会が行われる。
試合結果
・国際470級
1位山下・本田組
4位石川(国1)・関(国4)組
・国際スナイプ級
2位小泉・川村組
3位尾井・大村組
試合後のコメント
主将誉田将史(教4)「梅雨のシーズンは風が不安定なため非常に難しいレースとなったが下級生中心に頑張ってくれた。課題としてはいかにミスを最小に抑えてレースを終えるかということ。無理して1位を狙いに行くのではなく、3位以上をキープした走りができるようになれば、もっと関西でも圧倒できると思う」
スナイプ級リーダー川村「女子インということもあり、運営面で全て指揮をとらせてもらった。積極的に声を出し、良い雰囲気で進めることができたが、実力的には1位に輝けるのに、風の読み方、コースの位置取りがまだまだ甘く、首位と差をつけられてしまった。今日の経験を生かし、悪天候の中でも風を読めるようにしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です