【ラクロス部女子】 関関戦6点差で圧勝!

20160617%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・チーム最多の4得点を決めた主将成地(#45)は仲間と喜んだ>
 6月17日、関西大学千里山キャンパスにて第39回総合関関戦エキシビジョンマッチが行われ、関学は10ー4で関大に勝利した。前半3分から主将のAT成地(法4)が先制点を決めると、一気に関学ムードへ。前半で成地がハットトリックを達成し、AT細川も得点。4ー1で前半を折り返した。後半、細川が2得点、成地、MF今井(文4)、MF青木(社3)、AT松本(文4)がそれぞれ1得点し、計10得点で勝利した。
試合後のコメント
主将成地夏美「圧倒して勝ててほっとしている。でも、1on1で点を決めてしまい、それ以外の反省点を生むことができなかった。もっとライドを変えようと思っているので試していきたい。この前の練習試合で関大に先制点を決められたので、そこを譲らなかったのは良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です