【水上競技部水球パート】 新戦力も躍動!2016年度白星発進!

20160604%E3%80%90%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E6%B0%B4%E7%90%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%91.jpg
<写真・大学初の公式戦で得点を量産した大村>
 6月4日、京都アクアリーナにて平成28年度京都選手権水泳競技大会水球競技が行われ、関学は1回戦を13ー7で龍大Bに、2回戦を15ー4で京大に勝利した。
 1回戦は龍大Bに対し、第1P(ピリオド)までリードを奪われていた関学だが、第2Pに5得点し、無失点で抑え4点のリードを奪う。その後は多くの選手が点を奪うなど、相手を寄せ付けず13ー7で勝利。1回戦を突破した。
 2回戦の京大戦は第2Pまでを無失点で抑えるなど守備が機能。攻撃も新入生の大村(理1)が6得点、同じく新入生の尾上(経1)が5得点と爆発した。終始相手を圧倒し、15ー4で2回戦を突破。3回戦はあす、10時10分より京都アクアリーナにて行われ、四日市工高と対戦する。
試合後のコメント
主将橋田海馬(経4)「きょうは勝つことが最低限の目標だった。仕上げてきていたので、ある程度の結果を出せたことは良いこと。全員で守ってカウンターに持ち込めて良かった。それでも、全日本インカレに行くためには、ミスをもっと減らさなければならない。きょうの結果をあすへつなげる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です