【庭球部女子】 山本がシングルス4強入りを遂げた

150527%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・シングルスで4強入りを決めた山本>
 5月27日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成28年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)大会6日目が行われた。女子シングルス、女子ダブルス、共に準決勝及びインカレ予選が行なわれた。あす5月28日、同会場にてダ ブルス準決勝及び決勝戦が行われる。
 本日の結果は以下の通り。
女子シングルス
●山本澪(国4)・0ー2(5ー7、5ー7)で4強入りを遂げた。
女子ダブルス
○伊藤(教4)・栗本(社2)ペア・2ー1(3ー6、6ー2、10ー5)で決勝戦進出を決めた。
酒井(社4)・山本ペアは相手ペアの都合により延期となった。
女子インカレ予選
●松井(商4)・前田(人2)ペア・8ー9(6)で敗北した。
試合後のコメント
主将伊藤遥「ダブルスは出だしが悪かったけど、2セット目からは思い切りできた。あすの決勝戦は全力で勝ちにいきます」
シングルスで4強入りを果たした山本澪「最後の春関だったので優勝を目指して挑んだ。準決勝は勝てる試合だったのでチャンスを逃してしまった。インカレではベスト8入りを目指す」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です