【庭球部女子】 シングルス、ダブルス共に8強入り果たす

160525%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・シングルスで敗れるもダブルスでは勝利し背中で見せた主将伊藤>
 
 5月25日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成28年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)大会4日目が行われた。女子シングルス準々決勝、女子ダブルス2回戦、インカレ予選が行なわれた。あす5月26日、同会場にて大会5日目が行われる。結果は以下の通り。
女子シングルス
山本澪(国4)・2ー1(7ー2、2ー6、6ー2)
女子ダブルス
伊藤(教4)・栗本(社2)ペア・2ー0(3ー6、4ー6)
酒井(社4)・山本ペア・2ー0(6ー2、6ー1)
女子インカレ予選
稲垣希実子(教3)・8ー3
試合後のコメント
主将 伊藤遥「結果はあまり良くないが、課題は多く得た。全国で勝てればいいのでそれまでに課題は修正する。自分はシングルスで負けてしまったが、ダブルスはしっかり切り替えて思い切りやれた。あすも勝ちます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です