【庭球部女子】 3組が2回戦へ駒を進める

160524%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpeg
<写真・ダブルスでも強さを見せた伊藤>
 
 5月24日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成28年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)女子ダブルス1回戦が行われた。

女子ダブルス
伊藤・栗本 2−0(6−0、6−2)
酒井・山本 2−0(6−0、6−3)
前田・松井 2−1(6−2、6−2)
以上が2回戦進出を決めた。
2回戦はあす5月25日、同会場にて行われる。
また女子シングルスの敗者復活戦が行われ、
酒井 2−1(5−7、7−6(2)、6−3)
竹浪 2−1(0−6、6−1、6−1)
以上がインカレ予選出場を決めた。
試合後のコメント
主将伊藤遥(教4)「ダブルスは初戦にしては良かった。ペアを組んだ栗本は引っ張ってくれて成長を感じることができた。ダブルスは優勝を目指す。シングルスも1つ1つしっかり戦って勝ち上がっていければと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です