【馬術部】 悔しい結果で3日間の春学に幕

160505%E9%A6%AC%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・Lクラス障害飛越競技Bで入賞した寒川>
 5月5日、三木ホースランドパークにて、第51回全関西学生馬術大会3日目、第47回関西学生新人馬術大会が行われた。関学は、複合馬術競技で伊福翔大(経2)×月桜組が2位、下谷田翼(商2)×月飛鳥組が5位に入賞。Lクラス障害飛越競技Bでは、寒川華愛(教4)×月棗組が2位に。しかし、関学勢は優勝なし、団体の入賞もなかった。悔しい結果で3日間の大会を終えた。
試合後のコメント
主将寒川華愛 「成績はめちゃくちゃ悪かった。今の人馬の状態で状態的には他大学に食らいついていけたはず。もっとチーム一丸となって、関学のいいところを出し、次の総合馬術大会では優勝を狙いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です