【サッカー部女子】 リーグ連敗も収穫あり

20150912josaka.jpg
<写真・チャンスを作った石淵(総1)>
 9月12日、大阪体育大学にて平成27年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦第2節が行われた。関学は大体大に0-6で敗れた。
 前半20分、27分に失点し、0-2でサイドチェンジ。後半は相手の得意な逆サイドからの攻撃で失点。課題も収穫もあった一戦となった。
 次戦はあす14時より、滋賀県野洲川歴史公園サッカー場にて第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会関西大会1回戦が行われ、関学は追手門学院高と対戦する。
試合後のコメント
主将荒川愛恵(文4)「失点6は痛いけど、大体大を6失点で抑えられたのは初めてなので少しずつ成長はしていると思う。出ている11人がもっとベンチやけが人のためにサッカーをしてるという意識を持てるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です