【馬術部】 春学団体3位入賞、複合馬術競技では1位タイの記録出す

20150506%E9%A6%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・複合馬術競技の馬場馬術競技でも好走を見せた稲川×月将組>
 5月6日、三木ホースランドパークにて、第50回全関西学生馬術大会3日目、第46回関西学生新人馬術大会が行われた。関学は、複合馬術競技で稲川(経4)×月将組が2位、稲川×月雅組が3位、青山(社4)×月洋組が5位に入り団体で1位タイとなる10得点を稼ぎ出した。しかし障害飛越競技で思うような成績が出せず、全体では3位入賞で終わった。次戦は明日7月4日、三木ホースランドパークにて、第58回関西学生賞典総合馬術大会が行われる。
試合後のコメント
主将稲川希生「力を入れていた複合馬術競技で結果が出せたので良かった。まだまだ全員荒削りな部分はあるが、次の総合馬術大会では自分を信じて、馬を信じて思いきり取り組ませたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です