【重量挙部】 黒田記録なしも悔いなし

 12月12日、大阪府はびきのコロセアムにて、第62回関西学生ウェイトリフティング選手権大会(1日目)が行われた。
 62㌔級に出場した黒田(教4)はスナッチで94㌔を挙げ上位陣と好勝負を繰り広げる。しかしC(クリーン)&ジャークに3連続で失敗し記録なしで終わった。
試合後のコメント
黒田健太「結果は記録なしだったが悔いはない。今回は62㌔級に強い人が多かったが、スナッチでは強敵とも争えて楽しかった。(4年間を振り返って)重量挙げをもっと多くの人に知ってもらいたいと思えるようになった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です