【サッカー部女子】 大量得点で大教大打破!

20141026%E5%A5%B3%E3%82%B5%E3%82%AB.jpg
<写真・先制ゴールを挙げ、ハットトリックを決めた山口>
 10月26日、追手門学院大学グラウンドにて平成26年度関西学生女子サッカー秋季リーグ2部順位決定戦が行われ、関学は大教大と対戦。9-1で大教大に圧勝した。
 先制ゴールは前半5分、今季初1トップで出場したFW山口(人2)だった。山口のゴールを皮切りに関学の勢いは止まらず、前半だけで5得点を挙げた。後半にもゴールを追加し、終わってみれば9-1の圧勝で順位決定戦決勝戦への駒を進めた。
 次戦は11月1日、神戸LFCにて、平成26年度関西学生女子サッカー秋季リーグ順位決定戦決勝戦が行われ、1部昇格を懸けて追大と対戦する。
試合後のコメント
先制ゴールを挙げた山口奈菜「試合の最初はボールがなかなか収まらなくてどうなるかと思っていたけど、1点を決めてからはいいペースで点を取れたので良かった。公式戦では初の1トップで慣れないポジションだったが、持ち味のドリブルを出していったら案外うまくいった。次戦の追大戦は先輩たちと喜ぶ姿をイメージしながらどういう状況になっても絶対に諦めずに戦いたい」
ハットトリックを達成したMF中村未波(総1)「常にゴールを意識していた。その結果アシストもゴールもできたので良かった。次の追大戦では気持ちで負けないようにしたい。シュートは全部ゴールにつなげるくらいの集中力で臨む」

141026soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です