【庭球部男子】 王者に完敗

141025%E8%97%A4.JPG
<写真・1年ぶりの団体戦出場となった藤>
 10月25日、東京都有明テニスの森公園にて平成26年度全日本大学対抗王座決定試合準決勝(対早大)が行われ、関学は0ー9で敗れた。
関学は今大会9連覇中の早大と対戦。ダブルスを0-3とされ、シングルスでは粘りのある戦いを見せるも、絶対王者には敵わず。0-9で敗北となった。
 この結果、26日の関大との3位決定戦に臨む。
試合後のコメント
主将藤圭太(経4)「ラリーでは勝負ができていたが、早大はとにかくサーブのレベルが高かった。負けはしたが、体力、技術の差を実際に試合をして感じることができたのは大きな経験。明日の関大戦では来年につながるような戦いをしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です