【バドミントン部男子】 全日本の舞台では惜しくも1回戦敗退

 10月25日、愛知県一宮市総合体育館にて第65回秩父宮・秩父宮妃杯争奪全日本学生学生バドミントン選手権大会団体戦(1日目)が行われた。関学は北翔大に1‐3で敗れ、1回戦敗退となった。なお今試合が今年度最後の団体戦となった。
本日の結果は以下の通り
シングルス1山元(文2)○2ー1
シングルス2吾野(商1)●1ー2
ダブルス1高島(経3)・池田(法1)組●0ー2
ダブルス2吾野・浅原(文1)組●1ー2
試合後のコメント
主将小森園慎之輔(経4)「全日本インカレという大舞台で力を出し切るのは難しいと実感した。団結力が今年のチームの良さだと思う。今日も大きな声で応援することができた。同期のみんなとは4年間一緒にやってきて良かった。後輩たちには来年こそリーグ優勝をして、全日本インカレでも上位を目指して頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です