【合気道部】 創部初の男子乱取団体で全国制覇!


<写真・大会を終え笑顔の合気道部員>
10月19日、近畿大学記念会館にて第45回全日本学生合気道競技大会が行われ、男子乱取団体で創部初の優勝を果たした。詳細、その他の結果は以下の通り。
男子乱取団体
藤川太壱(法3)、宗宮大典(法3)、堤下宗一郎(法3)、松原徹(商2)、石谷勇斗(文2)
1回戦 対大商大 4勝1敗
2回戦 対近大 4勝1敗
決勝戦 対天理大 3勝1敗1分
女子乱取団体
不動成美(人2)、石橋春奈(法2)
1回戦敗退
男子演武対武器の部
谷藤隆真(経3)・藤川組 準優勝
男子演武対徒手の部
松原・石谷組 3位

試合後のコメント
副将・乱取リーダーの藤川太壱「乱取団体で優勝できて本当に嬉しい。やるからには上を目指したいという思いで練習してきた。エースだと言われてきて、9月から副将になり乱取リーダーとして今大会に挑んだが、そのプレッシャーは大きかった。しかしこの団体メンバーは本当に信頼できるメンバーで、乱取団体近大戦でも後ろがいるという安心感で大一番の先鋒を倒すことができた。結果を出すことができて、本当によかった。次大会では個人戦で天理大を倒したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です