【ハンドボール部男子】 今リーグ戦初の快勝!

141012%E7%94%B7%E3%83%8F%E3%83%B3%E5%AF%BE%E6%A1%83%E5%AD%A6%E5%A4%A7.jpg
<写真・後半、点を決めチームメイトとハイタッチする彌富>
 10月12日、関西福祉科学大学にて平成26年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦第6戦が行われ、関学は桃学大に27‐21で勝利した。前半の立ち上がりから、ディフェンスで流れをつくると、彌富(経4)の5得点などで前半を14‐10で折り返す。後半に入っても押せ押せムードの関学は、さらに点差を広げ、桃学大に27‐21と6点差で快勝した。次戦はリーグ最終戦。大体大戦と対戦する。
試合後のコメント
主将田中雄(人4)「立ち上がりをしっかりすることを一つの目標として挑んだ試合で、ディフェンスが今日はやられてはいけないところをやられなかったので流れをつくれたと思う。目立ったシュートミスもなく、みんな思い切って腕を振れていたので、それが結果につながった。出来はこのリーグ戦では一番いいが、大体大に勝つにはもうワンランク上にいかないといけない。ちょっとしたミスがまだあるので、満足はできない。最後のリーグ戦なので、勝って終わりたい。インカレにつながる試合にしたい」

141012hand-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です