【ハンドボール部女子】 リーグ最終戦を勝利で飾れず

141012%E5%A5%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E5%AF%BE%E5%90%8C%E5%A4%A7.jpg
<写真・前半、持ち味のロングシュートを放つ森口>
 10月12日、関西福祉科学大学にて、関西学生ハンドボール秋季リーグ戦第2ステージが行われ、21‐27で同大に敗れた。
 立ち上がりに連続で失点するも、田代(文2)や森口(教1)のロングシュートで反撃する。前半を2点差で折り返した関学だが、徐々に点差が開き21‐27で白星とはならなかった。
次戦は10月18日大阪大学にて、インカレ決定戦が行われる。
試合後のコメント
主将櫻井友美(教4)「全体を通して自分たちのプレーができていなかった。一人一人前を向いてプレーしていたが、個人技になってしまった。全員で1点を取りにいかなければならない。勝ちたい気持ちを持っていても、ミスをしたあとの切り替えをする必要がある。来週こそは勝って、笑ってインカレにいきたい」

141012hand-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です