【バスケットボール部女子】 園女大に快勝

141005%E5%A5%B3%E3%83%90%E3%82%B9.JPG
<写真・ドリブルで切り込む間崎>
 10月5日、大阪体育大学第6体育館にて平成26年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦2次リーグ第3戦が行われ、関学は園女大と対戦し、68ー58で勝利した。
 関学は序盤から相手を圧倒。C間崎(法1)を中心に得点を重ね、前半を終えて38ー28と大差をつけた。関学が課題とする第3Q(クオーター)も集中を切らさずにプレーし、リードを守った。最終スコアを68ー58とし、インカレに出場するために絶対に落とせない一戦をものにした。
 次戦の2次リーグ第4戦親和女大戦は10月12日13時10分より、天理大学田井庄キャンパスにて行われる。


  1 2 3 4
関学 21 17 21 9 68
園女大 12 16 13 17 58

試合後のコメント
主将PG山本恵(文4)「前からのディフェンスが効いていたので、関学のペースで試合が運べた。フリーでのシュートを決め切ることは課題だが、全体的にいい試合だった。次戦もチーム一丸となって戦い、インカレ出場のために勝利したい」
抜群の得点能力を発揮した間崎菜々美「始めから戦う気持ちを出してプレーした。その気持ちが勝利につながったと思う。絶対にインカレに出場したいので、残り2戦も気合いを入れたい」

141005basket-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です