【バスケットボール部女子】 2次リーグ開幕勝利!

20140928%25E5%25A5%25B3%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9.jpg
<写真・ディフェンスをする佐藤>
 9月28日、関西外国語大学片鉾キャンパスにて平成26年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦(2次リーグ第1戦)が行われた。関学は関外大に76-67で勝利。この勢いのまま2次リーグ全勝でインカレ出場を目指す。なお、次戦の2次リーグ第2戦(対天理大)は大阪体育大学第6体育館にて16時10分より行われる。
 第1、2Q(クオーター)の前半は関学が試合の主導権を握った。特に第2Qでは関学の3ポイントシュートが計4本決まり、48―21と関外大を一気に引き離した。しかし、第3Qでは関学のターンオーバーや相手のディフェンスで攻撃に苦しんだ。第4Qでも相手Cを中心に関外大に猛追されるも、前半で稼いだ得点やディフェンスから地道に攻撃を繰り返し、76―67と勝利した。


  1 2 3 4
関学 19 29 14 14 76
関外大 12 9 25 21 67

試合後のコメント
主将PG山本恵(文4)「昨日に比べて前半の試合展開は良かったが、後半にまたも崩れてしまった。チームプレーができるように落ち着いてみんなでプレーすることを意識していきたい。2次リーグで新たなスタートを切ることができて良かった」
ディフェンスを中心にチームを盛り上げたC佐藤ひかる(社2)「常に緊張感を持ってプレーしている。途中から出場した時は一番走ってチームが良い雰囲気になれるように心掛けている。もっと存在感のあるプレーをしていきたい」

140928basket-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です