【陸上ホッケー部女子】 秋季リーグ開幕戦で同大に雪辱果たす!

20140921%E9%99%B8%E4%B8%8A%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・先制点を決めた佐野なの得点シーン>
 9月21日、天理親里ホッケー場にて平成26年度関西学生ホッケー秋季リーグ初戦が行われ、同大と対戦した関学は2ー0で勝利した。前半、両者共に攻めていたが無得点で試合を折り返した。だが後半16分、MF佐野な(文3)がPC(ペナルティーコーナー)からこぼれ球を押し込み待望の先制点を挙げると、リスタートからパスワークで一気に攻め、FW今井(人3)が追加点を決めた。このスコアを保ったまま試合終了。関学は西日本インカレで敗れた相手に雪辱を果たし、秋季リーグ戦を白星でスタートした。
試合後のコメント
先制点を決めたMF佐野ななみ「今試合を落とすと決勝リーグ進出が厳しくなるし、同大には西日本インカレで負けていたので、絶対に勝ちたかった。PCを取った時にはここで決めようと思っていたので、リバウンドをゴールできてうれしかった。自分はミッドフイルダーだが、春季リーグ戦ではどちらかというと守備に回っていた。しかし西日本インカレからは攻撃にも力を入れ、攻守両方に絡むようにしている。秋季リーグ戦では相手に囲まれても力強いプレーをして、毎試合得点を狙っていきたい」

140921hockey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です