【ラクロス部女子】 リーグ戦連勝!

20140921%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B9%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F.JPG
<写真・今リーグ2回目のハットトリックを達成した横井>
 9月21日、立命館大学BKC第1グラウンドにて第25回関西学生ラクロスリーグ第4戦が行われ、大阪大谷大と対戦した関学は9ー4で勝利した。開始直後にフリーシュートから先制点を奪われると同11分にも追加点を決められ点差を離される。しかし、ここから関学の攻撃陣が本領を発揮し、MF兼任(教3)、AT横井(人4)、MF神保(経3)が立て続けにゴールを決め、逆転に成功する。後半、一時は攻められる時間帯もあったが、横井のハットトリックなどで点数を重ねていった関学がそのまま勝利し、リーグ戦連勝を果たした。次戦(対同大)は10月5日武庫川女子大学公江記念グラウンドにて行われる。
試合後のコメント
主将梅林れい(教4)「リーグ戦連勝できたことでチームとしても勢い付けることができた。しかし、基礎的なミスが目立ち、失点につながってしまったのが課題。次の同大は関学と同じくファイナル出場に向け、絶対に負けられない状況にある。基礎力を上げて、気持ちで負けないようにし、絶対に勝つ」
今試合ハットトリックを決めたAT横井友希「勝てたことはうれしいが、内容がよくなかった。基礎的なミスや連携ができていなかった部分はこれから直していかなければいけない。最近はアタックリーダーとして自分が決めなければいけないという気持ちが強かった。チームが困ったときに流れを呼べる存在になりたい」

140921lax-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です