【バドミントン部男子】 2部リーグ全勝で入れ替え戦へ

20140919%E3%83%90%E3%83%89%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・シングルス3に出場し接戦を制した宇山>
 9月19日、大阪市中央体育館にて平成26年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦5日目(最終日)が行われた。関学は甲南大と対戦。試合は2ー2でシングルス3を迎える接戦となったが、関学は甲南大を3ー2で下し、通算成績を5勝0敗で2部リーグ優勝を飾った。なお京産大との1、2部入れ替え戦は22日に行われる。
本日の結果は以下の通り
シングルス1山元(文2)●1ー2
シングルス2吾野(商1)○2ー1
ダブルス1高島(経3)・池田(法1)組○2ー1
ダブルス2田中(商2)・興梠(社2)組●0ー2
シングルス3宇山(商4)○2ー1
試合後のコメント
主将小森園慎之輔(経4)「1位通過することができて、入れ替え戦に向けて良い流れができたと思う。春リーグでは京産大に負けて2部降格してしまったので、勝ってリベンジを果たしたい」
関学の勝利を決めた宇山大洋「4年生としての役割を果たせてほっとしている。2ゲーム目から相手の配球が分かって、自分のゲームに展開することができた。関学が主導権を握れるくらい強くなりたい」

140919badminton-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です