【バドミントン部女子】 大接戦制せずリーグ戦2連敗

20140915%E5%A5%B3%E3%83%90%E3%83%89.jpg
<写真・エースの意地を見せた小池>
 9月15日、平成26年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦2日目が行われた。関学は立命大と対戦し、シングルスを落とすもダブルスを勝ち取り、勝負はシングルス3までもつれ込んだ。シングルス3には小池(理2)が出場。3ゲーム目まで及ぶ接戦となったが、1ー2で敗れた。これにより、関学は2ー3で立命大に敗北を喫した。
本日の結果は以下の通り
シングルス1樋口(人3)●0ー2
シングルス2越智(人4)●0ー2
ダブルス1樋口・小池組○2ー0
ダブルス2岩本(社3)・成田(総3)組○2ー0
シングルス3小池●1ー2
試合後のコメント
関学のエースとして大健闘した小池沙葉「負けてしまったが、自分らしいプレーができた。授業の関係などであまり練習できずに不安だったが、少し自信になった。今できることをして今日学んだことを活かしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です