【バスケットボール部男子】 関関戦制し4連勝

20140914basket-m.jpg
<写真・ゴール下でシュートを打つC松田(商2)>
 9月14日、滋賀県立体育館にて平成26年度関西学生バスケットボールリーグ戦1次リーグ第6戦が行われた。関学は関大に88-61で勝利し、4連勝を決めた。
 前半は関学がなかなか主導権にぎれなかった。 関大が次々とタフショットを決め、41-32で第2Q(クオーター)を終えた。 しかし、後半入ると、リバウンド戦に有利な関学に徐々に流れが傾いていった。最終Qに入っても、攻撃の手を緩めない関学がさらにリードを広げ、88-61で関関戦を制した。
 現在関学は勝ち点4で5位。
 次戦は9月20日、近畿大学記念会館にて16時より1次リーグ第7戦、対近大戦が行われる。


  1 2 3 4
関学 21 20 20 24 85
関大 20 12 9 23 64

試合後のコメント
主将井上大志(商4)「前半はピックアップミスもあり、失点が多くなったが、後半にはしっかりと修正できた。スタメンも出場した控え選手も自分の仕事はできたと思う。(4連勝について)徐々に練習の成果が出てきている。次戦はいよいよ近大戦なのでコンディションを整えて万全の状態で臨む」

140914basket-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です