【サッカー部女子】 開幕戦無失点で白星発進!

20140914%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1%EF%BC%91.jpg
<写真・後半31分、得点を決めたFW中村とハイタッチを交わすMF山﨑>
 9月14日、追手門学院大学にて平成26年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦が行われ、関学は立命大に7ー0で勝利した。
 昨春、立命大に14ー0と大量得点で勝利していた関学。前半序盤、なかなか関学ペースで試合を動かせず得点に結びつかなかったが、前半33分、DF美仁(経4)の先制点で勢いをつける。関学は前半にさらに1点、後半に5点を入れ、7ー0で立命大に完封勝利し開幕戦を白星で飾った。
 次節は21日、13時20分から大阪教育大学にて兵教大と対戦する。
試合後のコメント
DF美仁京乃「開幕弾を決めることができてうれしい。後ろからずっとうずうずしていた。大量得点しないといけない試合で、チーム全体が緊張からか固くなかなか得点が生まれなくて早く1点目が欲しかった。次戦はセンターバックからハットトリックを決めて勝利に貢献したい」
主将DF小島みなみ(法4)「試合開始序盤、自分自身もとても緊張していたし、全体も緊張していて、先制点がどちらに入ってもおかしくない状況だった。その中で、美仁が決めてくれて流れを変えることができてよかった。今日はDFやFW共に連携がしっかり取れていた試合だったと思う。次戦も勝ちが前提。他の選手のゴール意欲を切らさないように自分も攻撃に積極的に参加して、攻守のバランスよくプレーしたい」
FW中村未波(総1)「前半はミスが続き、なかなか先制点を取ることができなかった。個人技よりもチームでつないで決めた点がうれしい。夏にけがをしたので再スタートの気持ちで臨んだ。まだ完全な状態ではないのでこれから調子を上げていきたい。次戦では早めの先制点を取りたい」

140914soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です