【庭球部男子】 甲南大下し、最終戦へ

 9月12日、大阪府江坂テニスセンターにて平成26年度関西大学対抗テニスリーグ戦男子第4戦が行われ、関学は6-3で甲南大に勝利した。
 ダブルスで3-0と圧倒した関学は、続くシングルスでS5衣川(商3)、S6坂上(神2)が連勝し勝負を決めた。これで通算成績は3勝1敗。最終戦は14日、近大と対戦する。
試合後のコメント
主将藤圭太(経4)「甲南大はシングルスが強いチームなので、意地でもダブルスで勝ち越したかった。ダブルスの勢いで、シングルスも序盤にリーグを奪うことができたと思う。近大戦では選手もサポートもこれまでの集大成を発揮して、自信を持って戦いたい」

140912tennis-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です