【ラクロス部男子】 龍大相手に18点差付け圧勝

20140907lax-m.jpg
<写真・公式戦初得点を決めた田中>
 9月7日、立命館大学びわこ草津キャンパス第1グラウンドにて第25回関西学生ラクロスリーグ第3戦が行われ、関学は24ー6で龍大を大差で下した。第1Q(クオーター)にAT日下(商3)が先制点を決めると、関学が試合のペースをつかみ、第1Q終了時点で7点差を付ける。その後も攻撃の力を弱めることなく、大量得点を奪った関学。第3QにはMF田中(商4)が自身公式戦初ゴール、第4QではDF小林純(経3)が得点するなどし、会場を沸かせた。圧倒的な強さを見せた関学が快勝でリーグ戦3連勝し、勝ち点を9に伸ばした。次戦(対立命大)は9月21日、10時より立命館大学びわこ草津キャンパス第3グラウンドにて行われる。
試合後のコメント
主将桑田健嗣(法4)「今日はたくさんの選手が得点を決め、選手層の厚さが感じられる試合だった。しかし、不用意な失点があったことは課題。次戦の立命大戦はリーグ戦の中でも山場となるが自分たちのラクロスで勝利し、関西中を驚かせたい」
公式戦自身初ゴールを決めた田中良「少ない出場の機会で得点することができてうれしい。得点後、ベンチでチームメートが迎えてくれた姿を見て、4年間を振り返り思わず涙が出た。Bチームからでもリーグ戦で活躍できるということを証明できたと思う。後輩たちのためにも次戦も勝ちたい」

140907lax-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です