【バスケットボール部女子】 リーグ初戦黒星発進

20140906%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25B1%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590.jpg
<写真・シュートを放つ平岩>
 9月6日、関西外国語大学片鉾体育館にて平成26年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦1次リーグ第1戦が行われた。関学は57ー66で大人科大に敗れ、リーグ初戦は黒星発進となった。
 ゲーム序盤、関学はディフェンスからリズムを作り、西日本大会準優勝の大人科大に食らいついた。だが、第3Q(クオーター)から相手ペースで試合が展開。次々とシュートを打たれ、関学はリードを許した。第4QでC平岩(人1)、C畔川(人3)を中心に反撃するも、大人科大を倒すことはできなかった。
 明日の第2戦は同会場にて大体大と16時より行われる。


  1 2 3 4
関学 14 11 11 21 57
大人科大 14 17 17 18 66

試合後のコメント
主将PG山本恵(文4)「リーグ初戦ということもあって、みんな緊張していたが、夏の成果が出て良かった。今日は畔川と平岩がディフェンスリバウンドをたくさん取ってチームに貢献してくれた。明日の対戦相手である大体大も強敵なので、気合いを入れて頑張りたい」
攻守共に活躍した平岩素菜「初めてのリーグ戦で試合開始前までは緊張していた。夏から意識していた左ターンでのシュートがよく入るようになった。今日はディフェンスリバウンドを強気で取ることができたが、オフェンスリバウンドを取ることができなかった。自分の役割はリバウンドだと思うので、明日も頑張りたい」

140906basket-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です