【サッカー部男子】 大体大に逆転勝利!

 8月31日、キンチョウスタジアム第92回関西学生サッカーリーグ(前期)第10節が行われ、関学は大体大と対戦した、前半に先制点を許してしまうも、後半の2ゴールで逆転し、2ー1で勝利した。
 前半17分、大体大に先制ゴールを決められしまう。関学は大体大の堅いディフェンスを破ることができず前半を0ー1で折り返す。後半開始直後、DF原口(人4)のパスからMF徳永(社2)が相手キーパーを確認して同点ゴールを決めた。さらに同26分にFW呉屋(人3)が決め、勝ち越しに成功する。関学はそのゴールを守り抜き、逆転勝利を収めた。次戦は9月7日、18時よりヤンマーフィールド長居にて第92回関西学生サッカーリーグ(前期)第11節関大戦 兼 第59回関関サッカー定期戦が行われる。
試合後のコメント
主将DF福森直也(人4)「今週練習していたことができてよかった。夏の間に色々な試合があり、いい経験になった。それで自分たちも成長できたと思う。来週もしっかり練習して、関関戦に備えたい」
同点ゴールを決めた徳永裕大「練習していた形でゴールできたことがよかった。リーグでは今年初ゴールを決められたのでうれしい」

140831soccer-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です