【陸上ホッケー部女子】 連戦初日黒星

20140827%E9%99%B8%E3%83%9B%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・相手とボールを奪い合う佐野夏(右)>
 8月27日、舞洲ホッケー場にて第42回西日本学生ホッケー選手権大会第2戦が行われ、関学は同大に0ー1で敗北した。前半から同大にボールを支配される時間が多く、得点のチャンスをつかめなかった関学。同14分に奪われたPC(ペナルティーコーナー)でフライングの反則を取られ、守備が1人欠けた状態で再び同大のPCとなりそこから先制点を許してしまった。1点ビハインドで迎えた後半6分に関学がPCを獲得しゴールするも、反則により得点とは認められなかった。そのまま得点の動きはなく試合終了。西日本インカレ2戦目は黒星となり、関学は通算成績1勝1敗で予選リーグ後半戦に挑む。
試合後のコメント
主将山本加奈子(総4)「以前同大と練習試合をしたときは手応えを感じていたが、今日は前半の立ち上がりから流れが悪く、攻めの厚みを出せずにパスカットされた。自分を含めてケガをしている部員がいて、メンバーを変えてから安定するまでに時間がかかった。今日は勝ち切りたかったのにエンジンをかけるのが遅かった。明日の中京大戦では、王座で対戦したときと違う戦い方をして、絶対に勝つ」

140827hockey-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です