【ボート部】 奮闘も全クルー敗退

 8月22日、埼玉県戸田ボートコースにて第41回全日本大学選手権大会第2日目敗者復活戦が行われた。全クルーが準決勝進出を目指し奮闘したものの、敗退となった。今大会をもって4年生は引退となった。結果は以下の通り。
男子舵手なしペア
三井(法2)・山下(経2)
7分48秒09で5艇中5位
女子シングルスカル
中村(法3)
9分02秒92で3艇中3位
男子ダブルスカル
藤川(経2)・中山(商1)
7分36秒99で4艇中3位
男子舵手つきフォア
坂井(商4)・八木(法2)・若崎(商2)・原田(社3)・山本(人4)
7分21秒81で5艇中5位
レース後のコメント
主将坂井和樹「準決勝に進出できなかったことは素直に悔しい。関西選手権から重点的にスタートが速くなるように練習してきて、今大会ではその成果を出すことができた。技術のレベルは上がったと思う。主将としてチームをまとめ上げるのは難しかったが、後悔はない。来年は部員それぞれが頑張って、さらに上を目指してほしい」
女子シングルスカルに出場した中村志帆「準決勝に進むことができなかったのは実力不足。全国に来て、他大学のひと漕ぎの伸びが自分とは違っていた。次の加古川レガッタに向けて今まで通りの練習では結果を残すことができないと思うので、練習から改革していきたい」

140822boat.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です