【馬術部】 大城が関学勢として6年ぶりの優勝!

20140721horce.jpg
<写真・表彰台の一番上に上った大城(中央)>
 7月21日、三木ホースランドパークにて第52回関西学生馬術選手権大会及び第50回関西学生馬術女子選手権大会が行われた。稲川(経3)と大城(文4)が前日に行われた予選を通過し、今日の準々決勝に出場した。稲川は準決勝に進むも、惜しくも決勝には進むことができず、3位となった。一方の大城は準決勝で相手が棄権したため、不戦勝となり決勝に進出。決勝の障害飛越競技では減点5、タイム70秒14の走りで見事優勝を果たした。今大会関学からの優勝者は6年ぶり史上4人目となる。
試合後のコメント
主将林伸哉(経4)「大城は予選通過できるかどうかも分からなかったのでここまでよい結果を残してくれてうれしい。今まで一人一人が団体制覇を目指して取り組んできたが、それが個人のレベルアップにもつながっていたと思う。次の試合に向けて再び気を引き締めてやっていきたい」
今大会優勝を果たした大城未緒「優勝できて本当にうれしい。今回は運もあったと思うが、他校の馬に騎乗したことで色々な刺激を受けることができた試合だった」

140721horce.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です