【馬術部】 史上初!総合、複合W優勝

140706%20%E9%A6%AC%E8%A1%93.jpg
<写真・減点0でクロスカントリー競技を走り切った小林×月雅組>
 7月6日、三木ホースランドパークにて第39回関西学生複合馬術大会及び第57回関西学生賞典総合馬術大会が行われ、史上初となる両大会での団体総合優勝を果たした。総合馬術大会では、午前中に行われたクロスカントリー競技で林(経4)×月桜組、小林(法4)×月雅組が共に減点0の好走を見せた。その結果、昨日行われた馬場馬術競技と障害飛越競技とを合わせた団体総合成績で総減点222.7を記録。2006年以来8年ぶりの団体総合優勝を達成した。
 また複合馬術大会団体総合成績でも、合計得点52.5と2位との点差を20点以上離し、優勝を果たした。
 両大会共に優勝し、創部初の快挙を成し遂げた。
試合後のコメント
主将林伸哉「(今日行われたクロスカントリーについては)初出場だったが変な緊張もなく、ミスを少なく慎重に走ることを心掛けた。自分の力だけではなく、馬やコーチ陣などまわりの助けのおかげで結果を残せた。今大会は全員自分がやるという意識で臨めたことが優勝につながった。この優勝でみんな自信が持てるようなったと思う。2週間後の夏学でもベストを尽くし、まずは全日出場を目指す」

140706horce.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です