【馬術部】 馬場馬術競技で上位独占

20140705horce.jpg
<写真・減点0の走りを見せた田代×月飛鳥組>
 7月5日、三木ホースランドパークにて第39回関西学生複合馬術大会及び第57回関西学生賞典総合馬術大会が行われた。馬場馬術競技Bでは梅林(商3)×月颯組が優勝、菅(経4)×月輪組が準優勝と関学勢が1位から4位を独占。また馬場馬術競技Aでも、青山(社3)×月若葉組が2位、多林(経3)×月輪組が3位と関学が得意とする馬場馬術競技で存在感を放った。本日最後に行われた、障害馬術競技では田代(法4)×月飛鳥組が減点0の好走で明日につながる走りを見せた。
 明日は同会場にてクロスカントリー競技、障害馬術競技が行われる。
試合後のコメント
主将林伸哉(経4)「今大会で勝つために春学が終わってから準備を重ねてきた。馬場馬術競技は正直出来すぎくらい。明日の障害競技をどう乗り越えるかが鍵となる。総合馬術競技は明日のクロスカントリー次第で十分優勝が狙える。全日へ向けて明日も気を引き締めて臨む」

140705horce.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です