【サッカー部男子】 天皇杯1回戦突破!

 7月5日、栃木市総合運動公園陸上競技場にて第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦が行われ、関学は栃木ウーヴァFCに2ー1で勝利した。立ち上がりからチーム全員が素早いプレスを行い、相手に攻め入る隙を与えなかった。先制ゴールを決めたのはFW呉屋(人3)だった。前半7分、MF小林(法3)がスピードある中央突破から呉屋へパス。呉屋はそのボールをトラップするとすぐに左足で振り抜いた。序盤で優位に立った関学は冷静にボールを回し、主導権を握った。同43分にも呉屋が追加点。後半に相手のエースが入ってからは押し込められる場面が増えたものの、1失点に抑えた。次戦は7月12日(土)16時より三木総合防災公園陸上競技場にてJ1のヴィッセル神戸と対戦する。
試合後のコメント
主将DF福森直也(人4)「今日はチーム一丸となって戦うことができた。関学も相手もディフェンスラインを押し上げていたので、コンパクトなサッカーとなった。しかし、自分たちがいつもやっているワンタッチ、ツータッチでボールをさばけていたので自分のリズムにすることができた。2回戦は本気で戦って勝利したい」
2ゴールを挙げた呉屋大翔「思っていたより、自分に対するマークが厳しく来なかったので、きれいにシュートまで持って行くことができた。2回戦では、プロ相手に一泡吹かせてほしい」

140705soccer-m.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です