【ソフトテニス部】 接戦制し、総合関関戦勝利!

20140614%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8.jpg
<写真・自らの手で勝利を手繰り寄せた主将植木>
 6月14日、関西大学ソフトテニスコートにて第37回総合関関戦が行われ、関学は4ー3で関大に勝利した。過去2年間雨天のため中止であった関関戦。男子はフルセットまでもつれ込む試合もあったが4勝1敗と、圧倒的強さを見せつけた。一方女子は強敵を前に攻めきれず2敗。だが男女総合で4勝3敗とし、見事勝利を収めた。
試合後のコメント
主将植木陽介(商4)「女子が強豪相手のため、男子で取ろうと思っていたので、予想通りの勝利だった。だが試合内容、雰囲気はあまり良くなかった。西日本インカレではその課題を直し、応援してもらえるチームとなり臨みたい」
女子副将岡本愛佳(社4)「相手よりもミスが多く、チームワークが取れてなかった。関大に立ち向かっていこうとしていたが、受け身になってしまった。西日本インカレで関大と対戦してリベンジしたい」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 丸尾 照二 より:

    OB会副会長として、水野顧問、石井先輩と応援に関大千里コートに行きました。
    植木主将立派でした。粘り強く関学勝利に貢献した姿は男子チームに十分に浸透した。
    女子は西日本インカレ、全日本インカレ、早稲田大学との定期戦を直前が間近であるこの時期に最悪の結果であった。しかし、水野顧問の厳しい指摘が届いたらしく、昨日届いたメールでは関西六大学春のリーグ戦で関大には負けたものの、岡本・内山、河浪・岡脇の両ペアは全勝し改善が見られ、久しぶりのリーグ戦を優勝したとのことであった。気を緩めずこれからの重要な戦いに勝ち抜いて頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です