【水上競技部水球パート】 18位で大会終了

20140608waterpolo.JPG
<写真・シュートを放つ沓脱>
 6月8日、大阪プールにて平成26年度関西選手権水泳競技大会水球競技2日目が行われ、関学は18位で大会を終えた。1試合目(対京大)は点を取り合う乱打戦に。常に3点差以内で試合が進む展開だったが、笹川(文4)の7得点や沓脱(総4)の3得点などで関学が14ー12で競り勝った。7分ハーフで行われた2試合目(対広大)は先制こそしたもののミスを重ねるなど精彩を欠き、3ー5で敗北した。関学は今大会通算1勝2敗とし、18位となった。
第1試合


  1 2 3 4
関学 4 4 4 2 14
京大 5 1 5 1 12

第2試合


  前半 後半
関学 2 1 3
広大 3 2 5

試合後のコメント
京大戦で3得点の沓脱真「京大戦では失点は多かったが、攻撃面では良かった。個人的に3得点できてうれしい。広大戦は今日2試合目だったこともあって体力が消耗してしまった。ミスもいくつかあったことが勝敗を分けたと思う。両試合通じて運動量は多く、やるべきことはしっかりできた。(来週から始まるリーグ戦に向けて)後輩たちをしっかり導いて、必ずインカレに行きたい」

140608waterball.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です