【サッカー部女子】 気持ち切り替え順位決定戦へ

20140607%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・DF小島が得点を決め喜ぶ選手たち>
 6月7日、関西大学にて平成26年度関西学生女子サッカー春季リーグ戦第5節関大戦(兼第37回総合関関戦エキシビションマッチ)が行われた。2部リーグBブロックの関学と関大は全勝対決で勝つことが1位通過の条件だった。後半に入り、序盤に2失点するもDF小島(法4)、MF山崎(人4)のゴールで2-2とした。だが、あと一歩が出ず、得失点差でBブロック2位となった。
試合後のコメント
主将小島みなみ「最後までみんなが勝つことにこだわって戦えた。1点目のゴールはこぼれ球を狙っていた。うまく決められてよかった。2位通過で悔しい気持ちを次の順位決定戦につなげ、前を向いていきたい」
2点目ゴールの山崎江梨香「関大のキーマンを戦術的に抑えようと言っていたが、機能していなかった。次の追大戦では絶対に勝つ」

140607soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です