【庭球部】 感動のダブルス優勝

 6月2日、大阪府靱テニスセンターにて平成26年度関西学生春季テニストーナメントが行われた。この日は男女共にダブルスの決勝戦が行われた。男子ダブルス決勝戦には菊本(経3)・日下(商3)が挑むも、第1シードにフルセットの戦いの末惜しくも敗れた。また女子ダブルス決勝戦は、田中(商4)・村上(人4)組と伊藤(教2)・酒井(社2)組の同校対決に田中・村上組が勝利し、優勝を収め涙を見せる場面もあった。
試合後のコメント
女子主将田中桃子「今大会はシード順位が高かったが、試合を楽しむことを意識した。楽しんだら負けることはないと思った」
女子副将村上亜利沙「以前組んでいた山本(人4)がプロになったので田中と組むことになったが、主将になった田中は心強かった。初優勝と同じくらいうれしい」

140602tennis.jpg

140602tennis2.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です