【サッカー部女子】 立命大に14発大勝!

20140601%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今試合4得点を決めたMF山崎>
 6月1日、追手門学院大学グラウンドにて平成26年度関西学生女子サッカー春季リーグ第4節が行われ、立命大と対戦した。前半5分のFW中村(総1)のゴールから最後は後半40分のMF古澤(商2)のゴールまで14ゴールを量産。14ー0で立命大に快勝した。
試合後のコメント
主将小島みなみ(法4)「前節ではゴール前でパスなど積極的にシュートを打てないこともあったので今日はゴール前で攻めることを意識した。次節の関関戦はDFとして無失点に貢献して絶対に勝つ」
ナイスセーブを連発したGK伊藤千央(文1)「試合毎に相手のレベルも上がってきていたが、チーム全員がついてきてくれて全然怖くなかった。関大は裏を狙ってくると思うので、守備をDFだけに任せず、関大の自由にさせないようにしたい」
4得点のMF山崎江梨香(人4)「昨年は4-0で勝ったが、今年は関学のレベルがアップして、自分たちの思うようなプレーができた。関大は簡単に勝たせてくれる相手ではないので全員でゴールを狙いにいって絶対に勝つ」

140601soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です