【サッカー部女子】 13発で開幕2連勝

20140525soccer-w.JPG
<写真・今試合5得点を挙げた村上>
 5月25日、追手門学院大学にて2014年度関西学生女子サッカー春季リーグ第3節が行われ、関学は兵教大に13ー0で勝利した。
 前半10分のMF村上(総1)の先制点を皮切りに次々と得点を重ねた関学。終わってみればMF山崎(人4)、FW中村(総1)のハットトリック、村上の5得点を含む大量13点を挙げ、春季リーグ開幕2連勝を飾った。
試合後のコメント
主将・小島みなみ(法4)「全試合はDF同士のボール回しが弱く、格下相手に危ない場面があったが、今日は後ろからGK伊藤(文1)が心強い声を出し続けてくれたのに後押しされ、攻めるシーンが多く見られた。前は下級生が多いが、下級生なりに悩みながらチームの期待に応えてくれている。次戦からは今までよりも厳しい試合になると思うが、入替戦まで精一杯戦いたい」
5得点を挙げたMF村上晶香「前回はゴールを狙い過ぎてトップのポジションを消してしまい、あまりトップ下としての役割を果たすことができていなかった。今日は5得点挙げたが、その中でも自身2点目はこれまで決めたことがなかった頭で決めることができたのでうれしかった。高校時は個人技のサッカーでチームプレー重視の関学サッカーにまだ慣れていないので、パスや動き方一つにしても毎回勉強になっている。これからトップ下として、得点はもちろん、他の選手を生かしたパスを供給しアシストも増やしていきたい」

140525soccer-w.jpg

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です