【アメリカンフットボール部】 関関戦快勝

DSC_0363.jpga.jpg
<写真・後半に3TDパスを決めた伊豆>
 5月25日、エキスポフラッシュフィールドにて第37回総合関関戦前哨戦が行われ、関大に38-14で勝利した。第1Q(クオーター)、K西岡(国2)がFG(フィールドゴール)で先制する。しかし、第2Qでは二つのQBサックなどで勢いに乗った関大にT D(タッチダウン)を許してしまう。なんとか流れを取り戻したい関学は、#11QB斎藤(経4)から
 TE杉山(経2)へのTDパスで逆転に成功し、前半を10-7で折り返した。後半に入ると途中出場のQB伊豆(社2)が三つのTDパスを決め、関大を突き放した。序盤に苦戦するも、終わってみれば38-14で関大に圧勝した。


  1Q 2Q 3Q 4Q
関学 3 7 14 14 38
関大 0 7 0 7 14

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「今日はQBの個人技で勝った。伊豆は毎試合、順調に成長していると思う。秋シーズンも期待している。OL陣についてはパスプロテクションができておらず、タックルミスも目立った。どの選手にも言えるが基本のレベルがまだまだ低い。特にラインは今の段階から2ランク上を目指さないと厳しい」
主将#28RB鷺野聡(商4)「結果的に勝ったことは良かった。オフェンスは前半、キックの3点と1TD(タッチダウン)のみと、得点のチャンスをものにできなかった。もっと決定力をつけないとだめ。#11QB斎藤は関大のDLのラッシュがすごく、思うように投げられていなかった。今後はOLがどれだけ相手をコントロールできるかが重要だ。後半は2、3プレーでTDを取れたので流れに乗れ、気分的にも楽になった。また、ディフェンスも関大のTDを1本に抑えてくれた。次戦は社会人パナソニックインパルスとの試合だが、もう一度ファンダメンタルから見直し、自分たちの力がどれだけ通用するか挑戦する」

140525af.jpg

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 日大王朝 より:

    後半から関大のパスDFの隙をついてナイスゲームでしたね。今年は立命館より関大戦が事実上の優勝決定戦と思ってましたが関学のほうが1枚上手。関大とは秋後半で試合するのでまず準備の面や油断もなく大丈夫でしょう。立命館にも往年の強さが感じられずに4連覇濃厚ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です